【めちゃくちゃおもしろいルアーターゲット】タケノコメバル

各魚種の釣り方

タケノコメバルという魚をご存知でしょうか。
ロックフィッシュ、根魚と言えばハタ類やカサゴを真っ先に思い浮かべる方が多いと思います、筆者も例に漏れず。
おそらくハタ類やカサゴと比べるとタケノコメバルの生息数が地域的に多い場所と少ない場所の差が大きいことに起因すると考えます。
東北地方ではベッコウゾイと呼ばれ、このエリアでは最大で50cmを超える大物もいます。
一般的には40cmを超えると大型、30cmを超えると良型かな~という感覚です。

正直タケノコメバルって何?という釣り人の方が多数派だと思います。
比較的地域性の高いターゲットですし、メディアでもメバル、ハタ、カサゴと比べて圧倒的に露出が少なく、専用のルアー等もない現状です。(ハタやカサゴと同じ根魚であり根魚用ルアーがマッチするので問題ないですが)
筆者もタケノコメバルをメインターゲットとして狙い出すまでは名前を聞いたことがある程度の認識でした。

しかし、実際に釣ってみると非常におもしろい!
まず引きがパワフル!イカツイ見た目通り暴力的な泳ぎで突っ込みます。
瞬発力もすごく、岩陰や藻からものすごいスピードでルアーめがけてすっ飛んできます。
釣り方は他の根魚同様ボトムやストラクチャー周りを打っていけば釣れるのですが、アグレッシブなフィッシュイーターであるタケノコメバルは巻きもの系の釣りへの反応も良く、スプーンが非常にマッチするのです
ここではスプーンでの釣り方を中心に、タケノコメバルにおすすめのスプーンも紹介します。

タケノコメバルが釣れる時期

晩秋~梅雨ごろまでがショアから釣る場合最盛期となります。
通年狙える魚ではありますがこの時期が最も接岸し、またサイズも伸びやすい時期です。
また釣れる時間ですが、圧倒的に朝まずめ、夕まずめのまずめ時に活性が上がりやすい傾向があります。
日中や夜でも釣れないことはないですが、完全な昼や夜中ではあまり良い釣果を得たことはありません。

タケノコメバルが釣れる場所

敷石、ゴロタ、藻場エリア等シャローにストラクチャーが点在するような場所でよく釣れます。
基本的に障害物に身を隠している魚なので何もないような場所にはあまりおらず、かなり浅い場所でもストラクチャーがあればいる可能性は高くなります。
ルアーを投げ込むポイントも岩陰やウィードの傍を狙うとヒットに繋がる確率がアップします。

スプーンを使用した釣り方

タケノコメバルの釣り方は既述の通りハタやカサゴを釣る時と基本的には同じです。
しかしここではボトムをじっくり攻める釣り方ではなく、スプーンを使ったスピーディな攻めの釣りをご紹介します。
まずスプーンは5g前後を中心に、状況次第で2.5g~10g程度までを使用します。
アベレージサイズが小さかったりベイトがマイクロだったりかなりのどシャローでは2.5gあたりを、大型のベイトを捕食していたり遠投が必要だったり少し水深がある場合には10g程度まで使います。
またタケノコメバルは比較的大きなルアーにも果敢にアタックしてくることから、無暗にルアーサイズを落とす必要はありません。

ただ巻き

まずボトムを取り、ゆっくり巻いてきます。
タケノコスプーニングの基本となる釣り方です。
この時あまり底からスプーンを離したくないので、泳いでいるレンジを意識しながら浮き上がりすぎているな~と感じたら巻くのを止め、ボトムちょい上を通してくるイメージです。
なるべく岩や藻の近くをうまくトレースしてくることがキモであり、これが少しテクニカルで操作していて楽しい部分でもあります。
「このあたりでストラクチャーから飛び出してきそう…」と想像していてその通りヒットした時の快感はたまりません。

リフト&フォール

ダイレクトにボトムを攻めるスプーニングです。
メタルバイブ等でのリフト&フォールと違うところは大きく竿をあおってルアーをリフトさせるのではなく、竿を縦捌きでチョンチョンとトゥイッチしながらスプーンをリフトさせるところです。
これはスプーンの特性で、竿で強くぐいーんと引っ張るとスプーンがぐるぐると回転してしまい良い動きがでません。
これに対しトゥイッチしてやるとキラキラひらひらとキレのあるアクションを起こし、この動きで魚を惹きつけフォールで食わせる、という釣り方です。
フォールに関してはテンションフォールor張らず緩めずのフォールでokです。
フリーフォールもよく釣れるのですが、スピニングリールの場合いちいちベイルを開閉するのが非常に面倒くさい笑
底べったりを攻めたい時はリフトする高さを小さくしてボトムをこちょこちょするイメージ、広く探りたい時は逆に大きく上げて大きく落とすイメージで操作すると効率的です。

タケノコメバルにおすすめのスプーン6選

ベネター(ブラスビー)

4.5g、8gを使用。
タケノコメバルはアグレッシブなのでアベレージが20cm程度の小型でない限り8gが中心、スローにもトゥイッチを入れても使いやすいのでまずはこのスプーンから。
ボトム中心にウィードも絡めて探るのでフックは標準装備のシングルフックでok。

Home page
Brassvy,Inc.
¥750 (2024/02/24 14:06時点 | Amazon調べ)

ツインクルスプーンNA(タックルハウス)

スロー~ファストまでアクションが非常に優秀なスプーン。
サイズ感もタケノコにちょうどよく、4.5gひとつあれば十分遊べるスプーンです。
タケノコメバル釣るならコレ。

クルセイダー(ダイワ)

4gがメインですが、シャローエリアで数釣りするなら2.5gが最強。
タケノコメバル相手だけでなくライトゲーム全般で活躍してくれる2.5gです。
2.5g、4g、7gがおすすめ。

チヌークS(ダイワ)

7gをメインで使用。
チヌークSの7gは薄めの設計で泳ぎが秀逸、かつシャローで使いやすいモデルです。
4.5gは厚みがあり沈みが早いので、潮が速いポイントではボトムを探りやすい設計です。

ピュア(スミス)

かなりスローに巻いてもしっかり泳ぐスミスのピュア。
波風があまりなく穏やかな状況でじっくり通してきたい時に活躍してくれるスプーンです。
タケノコメバルには5gを中心に2.7g~9.5gまでを使用。

¥594 (2024/05/25 20:31時点 | 楽天市場調べ)

ドロップダイヤ(スミス)

ダイヤカットを施されており独特なフラッシング。
他のスプーンとは違った視覚アピールがあるため反応がなくなった時等に投入すると効果がある場合があります。
5.5gをメインに状況次第で3g、4gも出番あり。

地域性はあると書いたものの意外と身近にいる魚、タケノコメバル。
今まであまり釣りに行っていなかった冬場のマズメ時、ご自身の身近な岩場や敷石、藻場エリアでスプーンを投げてみると意外な出会いがあるかもしれません♪

コメント